SPACE COMPASS EN
scroll
Press Release

Space Compass と Skyloomが 地球観測市場に向けた光データリレーサービス提供の協業に正式合意

Skyloom Global Corporation(本社:米国コロラド州デンバー、以下 Skyloom)と株式会社 Space Compass(本社:東京都千代田区、以下 Space Compass)は、アジア上空に 1 機目となる静止軌道(GEO:Geostationary Earth Orbit)衛星 SkyCompass-1 を 2024 年末までに打上げる共同事業契約を正式に締結しましたのでお知らせいたします。両者で提供する最先端の光通信ネットワークシステムにより、急速に拡大する地球観測市場にリアルタイムかつ大容量のデータリレーを直接クラウドに提供します。SkyCompass-1 はパートナーシップの第 1 ステップとなり、両社は今後数年かけてリレーキャパシティの増強およびグローバル展開に向けた GEO 衛星コンステレーション構築の検討を推進してまいります。2023 年前半にはリレーサービスの販売予約開始を予定しており、既に複数の潜在顧客との協議を進めております。